花粉症の薬漬けはNG!花粉症に有効なハーブ5選をご紹介!

花粉症ハーブ

 

 

 

花粉症は4人に1人の時代と言われています。

 

 

そんな花粉症対策をされている方の6割以上が薬で対策をされている方ともいわれています。

 

 

 

花粉症ハーブ

 

 

 

薬は即効性のメリットがありますが、デメリットは副作用です。

 

 

 

副作用の主な例は、眠気、口の乾き、倦怠感、最近では、不整脈の事例も出ています。

 

 

 

花粉症対策で、やむなく薬を使用するのは仕方ありませんが、毎回毎回花粉症シーズンに薬漬けになってしまうと内臓にも負担がかかり、常に頭がぼーっとした状態が続きます。

 

 

 

こちらでは、なるべく薬漬けにならない為にも、花粉症に有効なハーブ5選をご紹介しています。

 

 

ハーブで日ごろから対策をすると、今までみたいに、薬に依存することがなくなり、体も楽になります。

 

 

 

どうしても辛い時だけ限定に薬を摂取するようになると、薬の効き目も倍増するので、じつはメリットは沢山ございます。


 

 

【スポンサードリンク】

 

 

花粉症に有効なハーブ5選

 

 

1、フェンネル【デトックス作用】

 

花粉症ハーブ

 

デトックスと花粉症?
って思う方もいらっしゃいますが、花粉症患者のほとんどが、代謝が低下し、免疫力も低下しています。

 

フェンネルはデトックス効果があるハーブで、就寝前に摂取することで、体内の毒素を排泄する働きがあります。

 

体内の毒素が排泄し、体内が循環することで、体が温かくなり、免疫力も向上します。根本的な体質を改善してくれます。
>>フェンネルの効能効果

 

 

 

 

2、フィーバーフュー 【鼻づまり、片頭痛緩和】

 

 

花粉症ハーブ

 

 

花粉症の定番「鼻づまり」を解消してくれます。

 

鼻づまりが慢性化すると、頭に酸素が行き届かなくなり、頭が常にぼーっとし、片頭痛を発症します。

 

 

フィーバーフューは鼻の粘膜を抑える働きもあり鼻づまりを解消してくれるので花粉症シーズンには欠かせません。

 

 

オススメは、フィーバーフューで鼻うがいなども効果的です。

 

花粉症ハーブ

 

>>フィーバーフューの効能効果

 

 

 

3、ネトル 【血行改善】

 

花粉症ハーブ

 

 

欧米では昔から、メディカルハーブとして名が知られているハーブ。血行改善やデトックス効果にも有効です。
>>ネトルの効能効果

 

 

 

4、エルダー【免疫力の向上】

 

花粉症ハーブ

 

 

エルダーは免疫力をアップさせるハーブです。
花粉症患者は免疫力が低下しているので、薬で症状を緩和できたとしても、肝心な免疫力はアップできません。

 

普段から就寝前に摂取することをベースにしておくことで、いざという時に薬を摂取すると、以前よりも効き目は倍増します。
>>エルダーの効能効果

 

 

5、ペパーミント  【喉の痒み、鼻づまり解消】

 

花粉症ハーブ

 

 

ペパーミントは抗炎症作用があるハーブです。鼻づまり、喉の痒みを抑えます。

 

ハーブティーをベースに摂取していただき、残ったハーブティーはうがい、鼻うがいとして利用してください。
>>ペパーミントの効能効果

 

 

 

花粉症対策は薬よりハーブメインの方がメリット多数

 

 

 

今回は、花粉症に有効なハーブ5選をご紹介しました。


 

 

 

じつは、花粉症対策は薬よりハーブの方がメリット多数ございます。

 

 

  • 薬の量を減らすことで内臓に負担がかからない
  • 薬漬けの体を一旦休めることで、薬1回の効能が以前よりも効果がある
  • ハーブを取り入れる事で、体の抵抗力が養われる
  • ハーブを取り入れる事で、だるい症状が緩和
  • 免疫力がアップ、花粉症悪化を防ぐことが出来る

 

 

ざっとこのような感じです。

 

 

 

ハーブの場合は、体質自体を変えてくれる作用があります。

 

花粉症対策は、ハーブティーをベースで対策し、どうしても辛い時に、薬で対策する習慣がベストです。


 

 

花粉症は一度発症すると完治しないアレルギーです。

 

 

花粉症ハーブ

 

 

花粉症とうまく付き合うためにも、ハーブティーの対策はいかがでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】