ベルガモット2種類の効能効果|摂取方法

ベルガモット効能効果

 

 

ベルガモットといえば、イタリアのベルガモットオレンジが有名ですが、じつは2種類ございます。

 

 

ミカン科とシソ科です。

 

 

シソ科のベルガモットの名前の由来は、ミカン科のベルガモットの香に似ている事から名づけられたとも言われています。

 

 

こちらでは、ベルガモット2種類の効能効果|摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

 

ベルガモット2種類の特徴と効能効果|摂取方法

 

 

 

ベルガモットには、ミカン科、シソ科の2種類ございます。
まずは、ミカン科から見ていきましょう。


 

 

ベルガモット【ミカン科】の特徴と効能効果|摂取方法

 

ベルガモット効能効果

 

ベルガモットのミカン科は、オレンジやレモンに似た柑橘系の爽やかな香りが特徴です。

 

風邪の引き始めや風邪予防、乾燥するような季節にはもってこいの成分です。

 

主に、オーディコロン(香りの持続時間が短い)、や香水にも人気です。

 

6つの効能効果|摂取方法

 

  1. 鎮静作用
  2. 抗鬱改善作用
  3. 消化促進
  4. 利尿作用
  5. 整腸作用
  6. むくみ解消

 

オススメの2つの摂取方法

 

1、アロマバス

 

アロマバスでは、ベルガモットの蒸気を楽しむことです。

 

ベルガモットの精油をバスタブに垂らし、就寝前に入ることで心身ともにリラックスできます。

 

ベルガモット効能効果

 

やり方としては、ベルガモットの精油を3〜5適ほど、バスタブに垂らします。

 

お湯をかき混ぜればOKです。

 

ベルガモットの香りをかぐことで、心身ともにリラックスでき、就寝前に入ることで質の良い睡眠が確保できます。

 

 

2、ベルガモット芳香浴

 

ベルガモット効能効果

 

ハンカチに精油を垂らします。

 

ハンカチに垂らすことで、自身に香水をかけなくても、ほのかにベルガモットの香りを楽しむことができます。

 

ベルガモットの芳香成分が鼻腔を通じ刺激が脳に伝わる事で心身の状態を整え、気分をリラックスさせてくれます。

 

 

ベルガモット【シソ科】の特徴と効能効果|摂取方法

 

ベルガモット効能効果

 

シソ科のベルガモットは、綺麗な緑色の葉で、茎の先端に真っ赤な華やかな花の一群をつけます。

 

ベルガモット効能効果

 

若葉でつくったお茶は気分をさわやかにしてくれて、ネイティブアメリカンが風邪薬としてハーブティーとして愛飲さえれています。

 

4つの効能効果|摂取方法

 

  1. 風邪の緩和
  2. 生理痛改善
  3. 不眠症改善
  4. 神経疲労改善

 

 

摂取方法

 

ベルガモット効能効果

 

 

シソ科のベルガモットは、ハーブティーにして摂取するのがオススメです。
爽やかな柑橘系の香りがリラックスさせてくれます。


 

 

紅茶に混ぜて摂取するのもいいし、そのまま煎じて飲むのもオススメです。

 

ハーブティーがちょっと苦手という方でも美味しく頂けると思います。

 

 

ベルガモット効能効果

さらに、残ったハーブティ−は捨てないで!!

 

 

残ったハーブティーは捨てずに、うがい薬の代用としても使えます。
うがい薬の独特な匂いが苦手な方でも安心です。


 

【スポンサードリンク】