ペニーロイヤルミントの3つの効能効果|摂取方法

ペニーロイヤルミント効能効果

 

 

ペニーロイヤルミントはシソ科ハッカ属の多年草で、和名は「メグサハッカ」です。

 

 

 

ミントの主成分であるメントールには、防虫、殺菌、抗ウイルスの作用があり、庭先に植え付けるとアリやだんご虫などが寄り付きません。
衣類の防虫にも使用できる万能ハーブです。


 

こちらでは、ペニーロイヤルミントの3つの効能効果|摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

【スポンサードリンク】

 

ペニーロイヤルミントの3つの効能効果

 

  1. 発汗作用
  2. 腹痛緩和
  3. 消化不良改善

 

 

ペニーロイヤルミントは、薬をなるべく控えたいお子様や女性にはオススメのハーブです。

 

 

上記の3つの効能の他、リラックス効果、生理不順の効果も期待できます。

 

 

ペニーロイヤルミントの摂取方法

 

ペニーロイヤルミント効能効果

 

 

 

ペニーロイヤルミントはハーブティーにして飲むのがオススメです。

 

香りでリラックスを感じながら、ショウガ並みに体を芯から温めてくれる作用があります。


 

 

就寝前に飲みますとぐっすり眠れます。

 

 

さらに、寒い季節で風邪の不快感や関節痛、体の痛みを感じられている方も、痛みを緩和してくれる作用があります。

 

 

ペニーロイヤルミント効能効果

 

 

解熱にも効果あるので薬だけに頼りたくない方はピッタリなハーブです。

 

 

ただ、1点だけ注意点!!

 

 

 

それは過剰摂取です!


 

1度に過剰に摂取してしまうと、過剰症を引き起こします。

 

ペニーロイヤルミント効能効果

 

例えば、嘔吐、発熱、頭痛などなど

 

 

常温で飲んでしまいますと、グビグビ飲めてしまうのでNG!

 

 

 

必ず、ホットにしてアツアツの状態で飲んでくださいね。


 

 

クミン効能効果

さらに、ペニーロイヤルミントの主成分「メントール」が、子宮の収縮を刺激するので、妊娠中の方の摂取も控えて下さい。