バジルの5つの効能効果|一番効果的な摂取方法とは?

バジルの効能効果

 

 

パセリについで有名なハーブ「バジル」

 

 

バジルはシソ科の植物で、原産地はアジア、南ヨーロッパ、北アフリカです。

 

 

 

別名はさまざまあり、 バジリコ、メボウキ、あるいはスイートバジルと呼ばれ、イタリア料理、フランス料理に欠かせない香味野菜の一つであります。

 

 

 

こちらでは、皆が知っている有名なハーブ「バジル」の5つの効能効果|一番効果的な摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

バジルの5つの効能効果

 

  1. 抗菌、殺菌作用
  2. 消化促進作用
  3. 解熱作用
  4. 消化促進
  5. 鎮静作用

 

 

バジルには豊富なβーカロテンを含んでいるのが特徴です。

 

 

 

βカロテンは強い抗酸化作用があるのが特徴ですので、上記の5つの効能の他、ガン予防、老化防止といった作用も期待できます。


 

 

バジルの一番効果的な摂取方法

 

 

バジルの効能効果

 

 

 

バジルはピザやパスタなどに合わせて摂取するのもありですが、ピンポイントに摂取するのであえれば、ハーブティーが一番です。


 

 

バジルの効能効果

 

 

バジルは誰しも慣れた親しんだ香りや味ですので、ハーブティーでも違和感なく摂取できると思います。

 

 

ホットハーブティーで摂取することで、リラックス効果がきたいできます。

 

 

 

バジルのハーブティーの一番の効果は、神経系の疲れに最も有効です。

 

疲れた神経を鎮静化してくれる作用がありますので、就寝前に1日の疲れをリセットするにピッタリのハーブティーです。


 

 

【スポンサードリンク】