チャービルの6つの効能効果|摂取方法

チャ―ビル効能効果

 

 

チャービルは、セリ科のハーブでフランス料理でよく使われています。

 

 

緑色の小さな羽のような葉が特徴、花期は5〜7月で白い小さな傘型の花が咲きます。

 

 

チャ―ビル効能効果

 

 

 

こちらでは、チャービルの6つの効能効果や摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。


 

【スポンサードリンク】

 

 

チャービルの6つの効能効果

 

リラックス効果
利尿作用
消化促進作用
血行促進作用
貧血予防
発汗作用

 

 

 

チャービルの主成分は非常に豊富です。

 

カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄、マグネシウムが含まれています。

 

抗酸化作用もあるので、免疫力の強化、ビタミン不足に陥りやすい、アルコール習慣の方や喫煙者にはオススメのハーブです。

 

積極的に摂取したいハーブですね。


 

 

チャービルの効果的な摂取方法

 

 

チャービルはフランス料理でも使われるほど、料理との相性は抜群です。

 

 

 

チャ―ビル効能効果

 

 

 

肉料理、魚料理、サラダにも使われています。

 

 

 

 

ただ、しっかりチャービルの効果を実感するためにはハーブティーが一番です。


 

 

チャービル効能効果

 

 

味はパセリに似ていますが、パセリほど癖がないのでハーブティーの中でも飲みやすい部類に入ります。

 

 

万が一、味にちょっと不安な場合は、初めは料理で使用して、味に慣れてからハーブティーで味わう事もいいと思います。

 

 

ポイント!!
チャービルをハーブティーで頂く場合は、なるべく煮立てない様にしないでください。
煮立ってしまうと、チャ―ビル本来の効能が弱ってきます。
お茶と同様に乾燥葉にお湯を注ぐ感じで大丈夫です。

 

 

チャービルは体を芯から温めますので、就寝前に飲むと質の良い睡眠ができます。

 

 

寝起きもスッキリしますのでぜひお試しください。

 

 

チャ―ビル効能効果

 

 

【スポンサードリンク】