サラダバーネットの3つの効能効果|摂取方法

サラダバーネット効能効果

 

 

サラダバーネットは、地中海を原産とするバラ科ワレモコウ属の植物です。

 

 

 

サラダバーネットの特徴は、キュウリの香が漂っているので、「ベジタリアンハーブ」とも呼ばれています。

 

葉、茎、根、全て食用として使用でき、スープ料理、サラダにも合うハーブです。


 

 

こちらでは、サラダバーネットの5つの効能効果や摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

サラダバーネットの3つの効能効果 

 

  1. 胃や腸の粘膜保護
  2. 利尿・整腸作用
  3. 消化促進

 

 

とくにストレスが多い方やタバコや飲酒などで粘膜が傷んでいる方にはオススメのハーブです。

 

さらに、ビタミンCも含まれているので、美肌効果にも期待できます。


 

 

サラダバーネットの摂取方法

 

 

サラダバーネットは名前の通り、サラダにもピッタリのハーブです。

 

 

冷製スープにも使用されたりします。

 

 

 

ただ、しっかり効果を実感するために摂取するのであれば、ハーブティーがオススメです。


 

 

サラダバーネット効能効果

 

 

 

サラダバーネットのハーブティーは、爽やかなキュウリににた香りとやや苦みと渋味があるのが特徴です。


 

 

この苦みや渋みの元となる成分は「タンニン」が含まれているからです。

 

 

サラダバーネットを温かい状態で摂取することで、腸内吸収もよく、体にやさしく効果を発揮してくれるのが特徴です。

 

 

【スポンサードリンク】