カウスリップの3つの効能効果|摂取方法

カウスリップ効能効果

 

 

カウスリップはサクラソウ科の多年草です。

 

 

和名は「キバナノクリンザクラ」と呼ばれています。

 

 

ヨーロッパに自生する植物で、4〜5月になると黄色い花を咲かせます。

 

 

そんなカウスリップですが、ヨーロッパでは昔から鎮静剤としても使用されるなど薬用ハーブとして愛されています。

 

 

こちらでは、カウスリップの3つの効能効果をサプリメントアドバイザーが解説しています。

 

 

薬をなるべく控えたい方は必見のハーブです。

 

【スポンサードリンク】

 

 

カウスリップの3つの効能効果

 

  1. 頭痛などの鎮静作用
  2. 去痰
  3. リラックス作用

 

 

カウスリップは鎮静作用の他、痰を除去する去痰作用もあります。

 

 

 

とくに高齢になるほど、痰が切れにくくなり、喉に詰まらせてしまう危険なこともあります。

 

そんな痰切れが悪い時でもカウスリップはしっかり痰を除去してくれます。


 

 

リラックス作用もありますので、不眠症の方、ストレスが多いという方も就寝前に摂取することで翌日スッキリした朝を迎えることができます。

 

 

そんなカウスリップですが気になる摂取方法は?

 

 

カウスリップの摂取方法

 

 

カウスリップ効能効果

 

 

カウスリップはサラダやジャムなどの砂糖漬けにもピッタリなハーブです。

 

 

ただ、カウスリップの効能を目的で摂取するのであれば、ハーブティーで摂取することをオススメします。

 

 

カウスリップはタンニンが含まれているので、やや苦みや渋みがありますが、濃いめの緑茶程度の感じです。

 

 

ハーブ独特のクセもないので、ハーブが苦手な方でも飲みやすいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】