アロエの5つの効能効果|摂取方法

アロエ効能効果

 

 

アロエは、サボテンの外皮に多く含まれる苦み成分たっぷりの透明のゼリー状の果肉成分です。

 

 

火傷や外傷などの炎症を抑える効能を持っている事で有名です。

 

 

 

ただ、近年はさらなる効果が期待できることでも注目されています。

 

こちらでは、アロエの5つの効能効果、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。


 

【スポンサードリンク】

 

 

アロエの5つの効能効果

 

  1. やけどの炎症を抑える
  2. 二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を分解
  3. ニキビ、皮膚の炎症を抑える
  4. 肛門裂傷、痔にも有効
  5. 肌の老化予防

 

 

アロエ効能効果

 

 

 

上記の5つの効能効果が代表的ですが・・・
さらに、アロエには3つの成分が、個々に違った効果も期待できます。


 

 

アロエの3つの代表的な成分と効能

 

 

 

アロエの代表的な成分「アロイン」「アロウルシン」「アロエシン」があり、個々に違った働きがございます。


 

アロイン

アロエの苦み成分の正体はこれ!血圧降下作用、整腸作用の働きをしています。

 

 

アロウルシン

胃や十二指腸などの潰瘍治療を早めるのに効果があります。

 

 

アロエシン

胃もたれ、胃酸を抑える働きがあります。さらに、胃酸不足の時は胃酸の分泌を促進してくれる賢い働きがあります。

 

 

アロエの摂取方法

 

 

アロエ効能効果

 

 

アロエは自宅に観賞用にしているサボテンからでも可能です。

 

 

ちょっと伸びきった部分をはさみで切って、皮を剥ぎますと、中に透明の果肉があります。

 

 

アロエ効能効果

 

 

その果肉がアロエそのものになります。

 

果肉をなめてみれば分かりますが、青臭く、苦みがあるので、正直不味すぎます。

 

アロエをハーブティーにして、飲むこともありますが、さまざまな味のブレンドをしないと飲めません。

 

 

味を楽しみたい方は別として、効能が優先という方は、サプリメントで摂取した方が効率が抜群に良いです。

 

アロエ効能効果

 

サプリメントであれば、アロエの成分をストレートな状態で体内に摂取できますので、実感もしやすいのがメリットです。

 

【スポンサードリンク】