アンティチョークの6つの効能効果|摂取方法

アンティーチョーク効能効果

 

 

アンティチョークは、キク科の植物で和名は「チョウセンアザミ」です。

 

 

アンティーチョーク効能効果

 

 

とくに、普段から脂っこい食べ物が主食とされている方やアルコールの頻度が多い方にはオススメのハーブです。

 

 

 

こちらでは、アンティチョークの6つの効能効果|摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。


 

【スポンサードリンク】

 

 

アンティチョークの6つの効能効果

 

  1. 脂質代謝を促進
  2. 動脈硬化
  3. 腸の浄化作用
  4. 便秘改善
  5. 利尿作用
  6. 二日酔い改善

 

 

 

アンティチョークに含まれている成分「シナリン」に注目


 

 

アンティーチョーク効能効果

 

 

アンティチョークの紫色の葉には、シナリンという苦み成分が含まれています。

 

 

このシナリンは2つの作用があります。

 

 

1、脂質の代謝促進

とくに脂質が多い食事をされている方は脂質を分解する力が弱っています。

 

分解する力が弱っているという事は、体内に脂肪をため込みやすい体質になってしまいます。

 

シナリンは脂質代謝をアップさせるので、脂っこい食事が続いている方は必須です。

 

 

2、肝臓の解毒作用促進

ベトナムではお酒を飲んだ後に、二日酔い予防で飲まれています。

 

肝臓の解毒作用を促進してくれますので、肝臓の負担軽減につながります。

 

アルコールを多飲されている方、喫煙者の方は肝臓が疲れているので積極的に摂取したいですね。

 

 

アンティチョーク摂取方法

 

アンティチョークは花のつぼみを食べる事もできます。

 

ただ、調理が難しいので、素人はちょっと面倒です。

 

 

 

アンティチョークを効率的に且つ効果的に摂取するのであれば、ハーブティーが一番です。


 

 

アンティチョーク効能効果

 

 

 

アンティチョークの気になる味は?


 

 

 

ハーブティーが苦手な方でも飲みやすいのが特徴で、草木の爽やかな香りが特徴です。
シナリンの苦みもありますが、後味はスッキリします。
ちょっと濃いめの緑茶程度の苦みですね。


 

注意点!!
アンティチョークはキク科の植物ですので、キクアレルギーの方、妊婦、授乳婦の方は控えて下さい。

 

【スポンサードリンク】