サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆サプリメントの選び方! > キトサンサプリの働き!摂取方法!

キトサンサプリの働き!摂取方法!

キトサンはカニの甲羅や殻などに含まれる、動物性食物繊維「キチン」という成分から作られたサプリメントです。特に、脂っこいものが大好きな方やダイエットをしている方、便秘解消やデトックスをチャレンジしている方に人気のあるサプリメントでございます。

このページでは、キトサンサプリの働き、摂取方法を分かりやすく解説しています。

■ キトサンの働き


サプリメントアドバイザー
摂取したキトサンは消化しなく、体内吸収もしないことが特徴です。その作用があることで、脂っこい食事の前にキトサンを摂取しておくことで、キトサンは脂分を捕まえて腸内や血液に入ることもせず、脂分を包み込んだまま体外に排泄される仕組みとなっています。

その包み込む量としては、キトサン自身の4〜5倍の重さの脂分を包み込むことが出来ます。

ただ、難点としては、脂分と同時に、体内に蓄積している脂溶性のビタミンA、E、D、Kも一緒に排泄してしまうことです。

そのため、下記の摂取方法でも解説していますが、キトサンを摂取した場合は、必ず、脂溶性のビタミンも補給しておくことが大切です。

もう一つの働き!!

それは、ガン予防にも有効であること!

キトサンには、脂分を体外に排泄するほかに、体の有害物質を掃除してくれる白血球の一種である「マクロファージ」を活性化させる働きもございます。マクロファージが活性化することで、免疫機能が向上し、ガン予防の効果も期待できるのです。

■ このような人にお勧め!


肥満
・コレストロール値が高い

・高血圧

・便秘

・食中毒の予防

・ガン予防

・肥満解消




■ キトサンを控えなくてはならない人もいる!


キトサンは誰でも飲めるか?と言ったらそうではございません。キトサンはカニの甲羅や殻などに含まれる成分がメインとなっているので、甲殻類アレルギーがある人は摂取を控えることです。

さらに、キトサンを摂取して、一時的に下痢、湿疹、倦怠感になる場合がございます。この症状も、長引くようでありましたら、体に合わないということですので、摂取を控える事です。

補足として!妊婦、授乳婦、お子様の摂取は控えてください!
妊婦

■ キトサンサプリの正しい摂取方法!


サプリメントアドバイザー
キトサンのサプリメントの摂取は、マルチビタミンみたいに、日々飲まなくてはいけないサプリメントではございません。例えば、脂っこい食事をする前に飲んだり、有酸素運動をする前に飲んだり、便秘気味の時に飲んだりと、用途はさまざまです。

例えば、日ごろからマルチビタミンを摂取することが習慣となっている、アメリカ人の場合は、脂っこい食生活が続いている時に飲んだり、食事の前に飲んだりすることが一般的となっています。>>本場アメリカのキトサンサプリ【口コミ多数】

ただ、難点として、体内に備蓄している脂溶性ビタミンも脂分と包んで体外に排泄してしまいますので、キトサンを飲んだ際には、同時に脂溶性のビタミン補給をすることも欠かせません。

関連コンテンツ

ビタミンB群サプリの選び方!

生活習慣が乱れている方に不足しがちな栄養素「ビタミンB群」。ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、B12、ビオチン、パントテン酸と8つの栄養素の総称をいいます。 こ・・・

ビタミンCサプリメントの選び方

「ビタミンCの効能と効果的な摂取方法!」でビタミンCの効能や摂取方法、摂取量など解説しました。ビタミンCは食材からでも摂取できますが、実は、各食材は20年前の栄養価に比べ下がっていることはご存知でしょ・・・

クロムサプリの選び方!

アメリカではダイエットサプリメントの定番ともいえる「クロム」別名「クロミニウム」と言ったりもします。特に、甘いものが大好きな方、運動不足の方、デスクワークなど、太りやすい生活習慣を繰り返している人に不・・・

ギムネマサプリの選び方!

ギムネマはインド原産のガガイモ科の植物で、ギムネマ・シルベスタの葉から作られています。この葉の特徴は、口に含みますと砂糖の甘味を感じなくなり「砂糖を壊すもの」として昔から知られていたハーブでございます・・・

葉酸サプリ比較ランキング

数ある葉酸(ようさん)のサプリメント中で、厳選した3社の葉酸サプリメントを比較しています。葉酸は妊婦、授乳婦が積極的に飲まなくてはならないビタミンB群の一種です。 まずは、簡単に葉酸の働きから見てい・・・