サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆脂溶性ビタミン > コエンザイムQ10の働き!摂取方法!

コエンザイムQ10の働き!摂取方法!

コエンザイムQ10は体内で合成される脂溶性のビタミン様物質です。日本では医薬品として狭心症、心不全、虚血性心疾患、脳出血などの治療に用いられています。

2001年に食品材料として認められてから、現在では、サプリメントとして人気のある成分の一つです。

このページでは、脂溶性ビタミン様物質であります、コエンザイムQ10の働き、摂取方法をサプリメントアドバイザーが解説しています。 

■ コエンザイムQ10の働き


サプリメントアドバイザー
・細胞内のミトコンドリア内で糖質、脂質、アミノ酸からエネルギーを産生

・ビタミンE同様に抗酸化物質として働く

・細胞膜などを組織する体内脂質を活性酸素から守る

・精子を活発にする

・免疫細胞や白血球の作用を高める



■ こんな人にオススメ!



・肌のたるみ、しわが気になる

・ダイエットしたい

・歯槽膿漏が治らない

・糖尿病予防

・精力減退

・アレルギー体質

・疲れやすい

・持久系のスポーツをされている方

・血圧が気になる

・心臓が弱い

・ストレスを抱えている

・偏食習慣

・喫煙者、飲酒習慣


特に、増加傾向なのが、ジャンクフードやファストフードなどの偏食習慣やメタボリックシンドロームが原因による生活習慣病
今までは、中高年にスポットがあたっていましたが、近年では、若年化が増えています。10代からメタボリックシンドロームは、今では、珍しくございません。そのような方にも特にコエンザイムQ10はオススメします。

■ コエンザイムQ10の1日の摂取量


まずは、1日の摂取基準ですが、日本ではコエンザイムQ10の摂取基準量の設定がされていません。ただ、一般的に言われている1日の摂取量は・・・

・偏食習慣、飲酒、喫煙、体質改善など健康維持のためなら⇒ 100mg

・病気、激しいスポーツ、肉体労働で体の疲労が抜けない場合⇒
300mg

と言われています。これらの摂取量を食品から摂取するとなると、イワシで12匹、牛肉であれば1ほどが必要とされています。

コエンザイムQ10は体内でも合成される?

コエンザイムQ10は体内でも実は合成できることが特徴ですが、その量は20代をピークに減少してしまいます。

さらに、過度の飲酒、喫煙、ストレスが加わることで、減少してしまい、分かりやすい症状としては、疲労が抜けない「慢性疲労」が続きます。さらに、欠乏が続きますと、皮膚、脳、臓器にも悪影響が出るのです。

得に、長年の飲酒習慣、喫煙、ストレスを抱えている人ほど、まずはサプリメントで摂取する習慣で体質改善を図ってください。

摂取方法としましては、各サプリメントの商品に記載されている方法がベストですが、基本は、食後、食間に摂取する。そのことで、吸収力がアップします。

■ オススメするコエンザイムQ10サプリメントの選び方!


サプリメントアドバイザー
コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶポイントとしては、確実に成分量が分かるものにしてください。商品の中には、コエンザイムQ10配合まで記載していて、成分量がどのくらい入っているのかわからない商品も中には存在します。

摂取量としては、1回の摂取分が最低100mg配合されているサプリメントを選ぶようにしてください。カネカヘルスケアでは、送料無料、手数料無料で14日間500円のトライアルサプリメントも販売しています。1日100mg摂取出来ますので、これから試してみたい、実感してみたい方にはオススメだと思います。

ある程度、実感が持てましたら、高濃度のコエンザイムQ10を扱っている、日本ダグラスラボラトリーズのサプリメントもオススメしています。何といっても口コミが多数ございますので、実感を確かめることが出来ます。是非、サプリメントの探しの参考にして頂ければ幸いです。

関連コンテンツ

ビタミンAの働き!摂取方法!

ビタミンAは水に溶けない脂溶性のビタミンです。ビタミンAの特徴は、動物性タンパク質に含まれるレチノールと、緑黄色野菜などの多く含まれる色素成分である、β−カロテンの2つに分けられます。 体内に取・・・

ビタミンEの働き!摂取方法!

ビタミンEは小麦胚芽油に多く含まれている脂溶性のビタミンです。別名をトコフェロールといい、生殖と深いかかわりを持つ栄養素です。トコフェロールのトコは、出産を意味します。 ビタミンEは、ビタミンA・・・

ビタミンKの働き!摂取方法

ビタミンKは。、キャベツやアルファルファなどの緑黄色野菜に含まれるK1(フィロキノン)と、納豆に多く含まれます。また、人体の腸内細菌によって合成されるK2 (メナキノン)の2種類ございます。 ・・・

ビタミンDの働き!摂取方法!

ビタミンDは骨の形成にかかわる、脂溶性のビタミンです。ビタミンDは骨の発育に異常が起こる病気(くる病)に多いことから発見されたビタミンです。くる病とは、日光にあたらない方に多い、骨に異常が出る病気です・・・

脂溶性ビタミンの栄養摂取基準量!

脂溶性ビタミンの食事摂取基準の推進量目安と食品をご紹介しております。料理をする際の参考になって頂ければ幸いです。順番としてはこのようにご紹介しております。 ビタミンA↓ビタミンE↓ビタミンD↓ビ・・・