サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆脂溶性ビタミン > ビタミンCの効果!正しい摂取方法!

ビタミンCの効果!正しい摂取方法!

ビタミンCは非常にデリケートな栄養素であり、アルコール習慣の方、喫煙習慣の方、偏食気味、ストレス、不規則な生活を続けている方は、間違いなく、ビタミンCが不足しています。


ビタミンCは水溶性のビタミンで、摂取したとしても数時間後(2〜3時間後)に汗、尿などで排泄されやすく、野菜、果物からの摂取でも構いませんが、野菜、果物を日々摂取する習慣が難しいのであれば、サプリメントをうまく活用される事をオススメします。


このページでは、ビタミンCのさまざまな働き、摂取方法について解説しています。多岐にわたり活躍するビタミンCを知ることで、ビタミンCを摂取しなくてはならない重要性を理解出来ると思います。また、ビタミンCを習慣として摂取し、日々充実された生活を送って頂く事を願っております。

■ ビタミンCとは?

ビタミンCは体内で合成されず、外部から摂取しなくてはならない重要な栄養素であります。ビタミンは直接、体のエネルギーにはなりませんが、そのエネルギーが働くために欠かせない栄養素なのです。


アメリカのノーベル賞学者・ポーリング博士が、「ビタミンCを毎日、大量に摂ると風邪が治る」と発表してから、ビタミンCの効果が注目されました。


野菜、果物にもビタミンCが含まれていますが、今の果物、野菜は環境問題、土壌問題などで、昔に比べ、栄養価が落ちている事は存じていると思います。詳しくはこちら。


一説によりますと、ビタミンCを野菜、果物からのみで必要量を摂取するには、バケツ単位で摂取しなくてならないほど、現在の野菜、果物の栄養価は低下していると言われております。

■ ビタミンCの働き!

ビタミンCは、体の中でおこるほとんどの生化学反応に関わっています。例えば、アミノ酸の代謝、ホルモンの代謝、コレストロール、、脂肪酸の代謝、体内の毒物の代謝(デトックス)、ガン抑制作用など幅広く活躍する栄養素です。


これだけ、体に必要な栄養素にも関わらず、ビタミンCは体内で合成されないので、外部から摂取する大切さが分かると思います。

■ 摂りすぎるほどでも問題ない!

ビタミンCは水溶性のビタミンの為、摂取しても2〜3時間後になりますと、汗や尿として排泄されますので、過剰摂取による副作用の心配はございません。


ビタミンCは多く摂るほど、虚血性心疾患や脳卒中が少ない事も示されており、中性脂肪値低下、血圧の上昇も抑える。他にも鉄分の吸収を高めるので貧血にも有効、更に、抗ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質ホルモンの生成にも関わっていますので、ストレスに負けない体質に出来上がります。

■ 摂取方法!

ビタミンCは水溶性のビタミンの事から、体内に蓄積されず、摂取しても2〜3時間後に排泄されてしまいます。


野菜、果物から摂取する場合は、なるべく加工されていない、そのままの状態で食して頂く事が、ビタミンC成分が壊されなく摂取出来ますが、ビタミンC不足による、摂取目的であれば、食品よりもサプリメント摂取の方をオススメしています。


サプリメントで摂取する際には、各商品の飲み方を参考にする事が一番ですが、1日に3粒以上などの場合は、朝、昼、夜と1日3回に分けて飲む事をオススメします。


基準として1日の望ましい摂取量は250〜400、大半のサプリメントでこの量はカバーできます。ただ、喫煙者の方はビタミンCの消費量が多い為、ビタミンCが1000以上配合されているサプリメントを日々摂取する事をオススメします。


■ こんな人にオススメ!


・肌荒れ
・風邪をひきやすい
・喫煙者
・アルコール多飲者
・ストレスが多い
・ガン予防
・貧血

■ ビタミンCサプリメントの選び方!

1日の摂取基準を把握したうえでサプリメント選びを行いましょう。ただ、ビタミンCサプリは大量に摂取すると下痢になりやすくなる事もございます。実際にビタミンCサプリを飲んで下痢になりやすい、お腹を壊しやすい方は、エスターCというお腹にやさしいビタミンCをお勧めしています。

1日に分けて飲む事が面倒な方には、サプリメント専門店には見かけますが「タイムリリース」加工をされているサプリメントがいいと思います。サプリメント専門店のヘルシーワン日本ダグラスラボラトリーズでも販売されております。

価格は通常のサプリメントに比べて、やや高価ですが、1回の摂取でじっくり体内に溶けて行きますので、わざわざ1日に数回分けて摂取する手間も省けます。私としては「タイムリリース加工」されたビタミンCサプリの方を推進しています。
次はビタミンCのサプリメントランキング

関連コンテンツ

ビタミンAの働き!摂取方法!

ビタミンAは水に溶けない脂溶性のビタミンです。ビタミンAの特徴は、動物性タンパク質に含まれるレチノールと、緑黄色野菜などの多く含まれる色素成分である、β−カロテンの2つに分けられます。 体内に取・・・

ビタミンEの働き!摂取方法!

ビタミンEは小麦胚芽油に多く含まれている脂溶性のビタミンです。別名をトコフェロールといい、生殖と深いかかわりを持つ栄養素です。トコフェロールのトコは、出産を意味します。 ビタミンEは、ビタミンA・・・

ビタミンKの働き!摂取方法

ビタミンKは。、キャベツやアルファルファなどの緑黄色野菜に含まれるK1(フィロキノン)と、納豆に多く含まれます。また、人体の腸内細菌によって合成されるK2 (メナキノン)の2種類ございます。 ・・・

ビタミンDの働き!摂取方法!

ビタミンDは骨の形成にかかわる、脂溶性のビタミンです。ビタミンDは骨の発育に異常が起こる病気(くる病)に多いことから発見されたビタミンです。くる病とは、日光にあたらない方に多い、骨に異常が出る病気です・・・

脂溶性ビタミンの栄養摂取基準量!

脂溶性ビタミンの食事摂取基準の推進量目安と食品をご紹介しております。料理をする際の参考になって頂ければ幸いです。順番としてはこのようにご紹介しております。 ビタミンA↓ビタミンE↓ビタミンD↓ビ・・・