サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆ミネラルの働き > カルシウムの働き!摂取方法!

カルシウムの働き!摂取方法!

カルシウムは人の体内に最も豊富に存在するミネラルです。カルシウムの99%は骨、歯に存在しますが、残りの1%は血液、筋肉、神経に存在します。

ただ、最近では、加工食品、ジャンクフードがお求め安くなり、おかずの内容によっては、自炊より安く済む観点から、偏食習慣になりやすい環境となっています。このように、現代は、カルシウムの不足になりやすい環境となっているため、意識して摂取したいミネラルです。

カルシウムは慢性的に不足してしまうと、特に老人に多い骨の石灰化でおこる骨粗鬆症、手足のしびれ、けいれん、若年層では、虫歯、神経過敏やイライラ、といった代表的な症状が挙げられます。

このページでは、偏食習慣によって不足がちなミネラル「カルシウム」の働きや効率よい摂取方法について日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーが解説しています。

■ カルシウムの働き


サプリメントアドバイザー
・骨、歯の発育に作用

・筋肉の収縮

・精神の安定

・血液を固める、出血の防止

・心臓の鼓動を保つ

・アレルギーなどの過敏な反応を抑える

・ホルモン、唾液、胃液などの分泌に働く

・鉄の代謝を高める


カルシウムは、リンとマグネシウムとともに、骨や歯の組織形成として働くほか、さまざまな生理作用を持っています。

■ こんな人にオススメ


おじいさん
・虫歯になりやすい

・イライラする、キレやすい

・骨粗鬆症予防

・動脈硬化予防

・高血圧予防

・高齢者

・成長期のお子様

・妊婦、授乳婦



■ カルシウムの補給方法


まずは、1日の摂取基準量を把握することが大切です。
サプリメントアドバイザー

成人男性:650〜800mg/日

成人女性:600〜650mg/日

耐用上限量:2,300mg/日


摂取基準量を見ていただき、下記の平成24年度の厚生労働省の国民栄養調査の結果を見てください。

カルシウムの摂取量が摂取基準量よりも下回っていることが分かります。詳しくは、P28に掲載されています。
成分表(画像をクリックすればアップできます)

カルシウムの補給方法としては、カルシウムが2に対し、マグネシウムが1の割合がベストです。

なぜ、マグネシウムの摂取も必要か?

カルシウムだけの摂取では、カルシウムが血管壁に付着したり、ミネラルバランスが崩れてしまい、貧血になりやすくなったりします。マグネシウムを摂取することで、血管壁のカルシウムの付着を防ぐことが出来たり、カルシウムの吸収を高めたりする作用があるからです。

■ オススメするマグネシウムサプリメント!


マグネシウムサプリメントが沢山ある中で、私がオススメしているサプリメントが、ダグラスラボラトリーズから販売されています、サプリメント、カル/マグ 2001 180粒をオススメします。【送料込みで1日約68.1円】下記の成分表を見てください!


カル/マグ 2001 180粒は、カルシウム、マグネシウムとともに摂取基準量を満たしているほか、骨の成長に欠かせない、ビタミンC、ビタミンDも含まれていますので、バランスよく摂取できるサプリメントです。

ダグラスラボラトリーズのサプリメントは、アメリカで医家向けに作られているサプリメントですので、国内では、ここまで高濃度なサプリメントはないと思います。口コミも多数掲載されていますので、サプリメント探しの参考にして頂ければ幸いです。

関連コンテンツ

季節変化の体調不調は!ミネラルがオススメ!

季節の変わり目!三寒四温も終わり、そろそろ夏に向けたシーズンが到来してきました。今の時期は、季節、温度、湿度、気圧など、さまざまな部分から、体がストレスにさらされています。 このストレスが原因で・・・

マグネシウムの働き!摂取方法!

マグネシウムは体内に約300種類以上もの酵素系に必須なミネラルで、多くの細胞機能にとって非常に重要な役割をしています。成人の体内に約30gあり、その約60%が骨や歯に蓄えられています。 さらに、・・・

カリウムの働き!摂取方法!

カリウムは筋肉の収縮と弛緩の調整に働きます。カリウムが不足してしまうと、筋肉の収縮、弛緩の作用が乱れてしまい、痙攣を起こしやすくなったり、疲れやすくなったりします。 特に、夏バテは大量に汗をかく・・・

リンの働き!摂取方法!

リンはカルシウムに次いで多いミネラルです。体内のリンの大部分は、骨、歯の中で、リン酸カルシウム、あるいはリン酸マグネシウムとして存在し、筋肉、神経、脳、肝臓などおの組織にすべて含まれている重要なミネラ・・・

イオウの働き!摂取方法!

イオウは タンパク質の働きに関与したり、ビタミンB1やパントテン酸と結合することで、糖質、脂質の代謝に働きます。特に日ごろから脂っこい食生活やカロリー高めの食生活が習慣の方ほど、積極的に摂取していただ・・・

ナトリウムの働き!摂取方法

日本人は特に摂取量が多いと言われているミネラルであります。不足というより、過剰に摂取する傾向の方が強いです。その原因としては、ファストフード、お菓子、ジャンクフードなど、思っている以上にナトリウムは多・・・

塩素の働き!摂取方法!

塩素は成人の体内に150gほど存在するミネラルです。塩化ナトリウム(食塩)、塩化カリウムとして細胞の内外に含まれています。塩酸として胃液にも含まれています。 塩素は通常の食生活をしていれば、不足・・・

ミネラルの働き!正しい摂取方法!

生きて行く中で必須栄養素は5つございます。それを五大栄養素といい、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、そして、ミネラルから人間の体は成り立っています。 このページでは、五大栄養素の中でも、「ミ・・・