サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆健康コラム! > 冬季うつって何?冬季うつの予防法と有効な栄養素とは?

冬季うつって何?冬季うつの予防法と有効な栄養素とは?



冬になると気分が落ち込んだり、身体がだるかったり、やる気が起きない症状って、単に風邪で済ませていませんか?

ひょっとしたら、「冬季うつ」かもしれません。

このページでは、冬季うつの予防法や有効な栄養素を解説しています。寒い季節を有意義に且つ楽しく過ごしていただくために、参考にして頂ければ幸いです。

■ 冬季うつの特徴とは?




冬季うつは脳機能障害の一種と言われています。その特徴は大きく分けて3つ!

・うつ症状が冬限定で現れる。
・春になると回復して元気になる。
・20〜30代の女性に多い。


冬季うつの症状は、通常のうつ症状とほぼ同じですが、日が短くなる冬にかけてうつの症状が強まる事が特徴となります。

冬は、動物たちも冬眠にはいる時期ですが、人間も日光にあたる時間に影響されて気分や行動力に現れてしまう事があるということ。

■ 冬季うつ6項目チェック!


1、気分の落ち込み

2、今まで楽しんでいたことが楽しめなくなる

3、行動力の低下

4、眠気が強く、いつまでも寝てしまう

5、ぐったりとして疲れやすい

6、食欲が増してしまう


いくつ当てはまりましたでしょうか。一つでも当てはまっているなら冬季うつを疑った方が良いかもしれません。

■ 冬季うつの予防法




冬季うつ、そもそもの原因は、日照時間が大きく関わっていると言われています。日照時間が減ってしまうと、脳内の神経伝達物質「セロトニン」も減少してしまいます。

セロトニンは三大神経伝達物質の一つで精神を安定させる働きがございます。セロトニンは太陽を浴びることでも分泌されるため、日照時間が少ないとセロトニンが不足しやすく、気分が落ち込みやすい傾向が強くなります。

また、太陽の光を浴びて作られるためサンシャインビタミンとも呼ばれているビタミンDは、気持ちの浮き沈みに関わっているためうつ病と関係もあると言われています。

上記の事をふくめ、冬季うつにならないための3つの予防対策!

1、朝日を浴びる



太陽を浴びる事でセロトニンが作られます。セロトニンは精神を安定してくれる作用があり、冬季うつの予防になります。

2、ビタミン、ミネラルを意識して摂取
ビタミン、ミネラルを意識して摂取する。現代人の食生活は炭水化物過多、脂質過多の食習慣が根付いています。

特に外食や店屋物が多い方は脂質も過剰に摂取していると思います。これらの栄養素を分解プラスエネルギーに変換してくれる栄養素が、ビタミンとミネラル!偏食過多になってしまうと、ビタミン、ミネラルが慢性的に不足しています。

慢性的に不足していると、それだけ身体に負担になりますので、疲れやすい原因に!ビタミン、ミネラルは意識して摂取しましょう。

その中でも、セロトニンの材料となります、「ビタミンB6」、プラスしてアミノ酸である「トリプトファン」を摂取することをオススメします。


・B6が多く含まれている食品…ニンニク、マグロ、鶏肉、等々


・トリプトファンが多く含まれている食品…乳製品、豚肉、鶏肉、かつお、マグロ、等々


3、運動を習慣に(ウォーキングなど)



運動を習慣に取り入れる事で、セロトニン神経が刺激を受け、セロトニンが増えると言われています。一番オススメのタイミングは朝日を浴びながらウォーキング!朝日とウォーキングで身体が刺激され、セロトニンの分泌が高まります。

関連コンテンツ

不調別ビタミン活用術!

季節の変わり目って体調崩しやすくありませんか?気圧の変化などなど考えられますが、一番の改善策としては、ビタミンをしっかり補給する事! このページでは、不調別にどのビタミンを摂取した方がいいのか?・・・

外敵に負けない体作りに「ビタミンD」がおすすめ!

寒い季節プラス、乾燥した季節は細菌にとって過ごしやすい季節。過ごしやすいと言うことは、細菌が最も活発しやすい時期でもあるということ。細菌に負けない為にも、体を冷やさないことはもちろんの事、うが・・・

「NK細胞」を活性化!3つの習慣と3つの食習慣とは?

NK細胞はご存知ですか?寒い季節になりますと頻繁に雑誌やテレビなどで特集を組んだりしています。このNK細胞って何なのか? このページでは、NK細胞を活性化させる、3つの習慣、3つの食習慣を解説し・・・

寒い季節は慢性的に体が疲労しているのはご存知ですか?

寒い季節は知らずに体が疲労している事はご存知ですか?症状としては、「だるい」・・・なぜ、寒い季節は慢性的に疲労しやすいのか? キーワードは「体温」! どんなに寒くても体温は一定です・・・

免疫力が低下しやすい季節にオススメの3つの食べ物とは?

今年の冬は記録的な暖冬と言われています。1月にも関わらず、日中の気温は東京都内では10〜13度!車中では日が差し込むので体感温度としてはもっと高い感じがします。 ただ、過ごしやすいのはあ・・・

血行改善対策に!ギンコ(イチョウ葉)がおすすめ!

寒い季節の到来ですね!寒い季節は何といっても、体が強張ってしまう事で、筋肉が固くなり血行が低下してしまいます。代表的な痛い症状としては、肩こりやぎっくり腰ではないでしょうか?ただ、これが、慢性・・・

慢性的にだるくないですか?現代型免疫低下かも?

最近急増している病と言われているのが、「現代型免疫低下」。加齢だけが原因でなく、主な原因としては、夏の過ごし方や食生活の乱れが原因です。 ■ 尋常じゃない夏の暑さ! 毎年、尋常じゃない・・・

夏から秋の変わり目はお肌のトラブルで悩んでいませんか?

今年も相変わらずの猛暑が続いたわけですが、お盆を過ぎたとたん、急激に秋モードに変化してしまいましたね。うれしいやら・・・、さみしいやら・・ そこで、今回は、特に女性の方に多い、お肌のトラ・・・

体の臭いが気になる!臭いの習慣チェック!改善方法!

猛暑もひと段落しましたが、これからは汗をかかない日が続きます。猛暑日では、汗を沢山かくので体内からのにおいの元などが発散されますが、これから汗をかかない季節になりますと、体内に潜んでいた悪臭も汗によっ・・・

夏バテ解消は胃腸をコントロール!

エルニーニョ現象で今年の夏は冷夏と言われていましたが、相変わらず、暑さを更新していますね。 私が子供の頃は、真夏でも30℃もあれば、立派な真夏でしたのに、今では35℃台は当たり前ですよね。そこで・・・

紫外線対策に有効な栄養素を解説!

1年で最も紫外線が多い時期は、5〜9月の4か月間となります。特に6月は、浸透力の高いUVA(紫外線A波)の照射量がピークに達する時期となり、浸透力の高いUVA(紫外線A波)は、シミ、シワ、たるみなどの・・・

うつ病っぽいかも?改善と対策!

今では、国民病とも言われている「うつ病」。日本人の場合ですと、予備軍も含め、5人中1人、世界では老若男女問わず、20人に1人の方々がうつ病と言われている時代です。 このページでは、サプリメントア・・・

ビタミン、ミネラルは30歳超えたら習慣に摂取しなくてはならない!

1996年に厚生労働省は、ガン、脳卒中、糖尿病などの呼称が「成人病」から、「生活習慣病」に変更になりました。 以前は、成人病というと「加齢」が原因でガンや糖尿病、脳卒中になるリスクが高いと言われていま・・・

夏バテ予防・解消にビタミンB群をオススメする理由!

特に夏バテの原因は、暑いことで極端にエネルギーが消費してしまうことが原因です。 そのため、日ごろからエネルギー源となる炭水化物やウナギ、豚肉といった食材をしっかり摂取することが大切ですが、どうし・・・

筋トレは痛風の原因!尿酸値を上げる?

尿酸値の基準として、4.0〜7.0/dl内に収まっていれば問題ありませんが、7.0以上を超えている方は、いつ痛風になってもおかしくない症状といえます。尿酸値が7.0以上の場合は、筋トレを控える事が先・・・

筋トレでとうとう痛風に・・・!

上記の写真は、痛風になってほふく前進している時に、必死に撮った写真です。左足の親指の付け根部分を見ていただければお分かりだと思いますが、右足の付け根部分と比べますと、一目瞭然です。 腫れ・・・

秋バテ対策!解消方法!

季節の変わり目は年齢を重ねるごとに、体に対して負担になりやすいです。体に負担がかかるということは、その気温に対して体はまだ準備しきれていないということも挙げられます。それが、慢性的なだるさ、風邪の初期・・・

夏バテ対策は胃腸がキーワード!

夏バテの症状は、体がだるい、気力がない、食欲がない・・・など、一度なってしまうと回復するのに時間がかかります。それに加えて、免疫力も低下することから、夏風邪発症なんてことも珍しくありません。 下・・・

くさい汗を解消する方法

ジメジメした暑い季節の到来となりました。特に人が密集する所、満員電車などでたまに、くさい汗が匂ったりします。非常に不快ですよね。しかし、この臭いの原因は、自分が発しているケースも少なくありません。 ・・・