サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆ハーブの効用 > ベルガモットの効能と効果!

ベルガモットの効能と効果!

ベルガモットにはミカン科とシソ科の2種類があり、イタリアのベルガモットオレンジが有名であります。
シソ科のベルガモットの名前の由来は、ミカン科のベルガモットの香りに似ている事から同じ名前が付けられたと言われております。

二種類の効能や摂取方法も異なる事から、それぞれの効能や摂取方法を解説いたします。

それぞれ共通して言える事は、風邪の引き始め、風邪予防に摂取すると心身ともに元気に回復する事です!
30歳半ばを過ぎたら、症状が悪化するまで待っている習慣はもう終わりにしましょう!

ベルガモット

【ミカン科】
オレンジがややレモンに近い様な香りが特徴の柑橘系。
フルーティーの香りが人気で、オーディコロン(香りの持続時間が短い)、や香水にも使われている。

風邪を発症する!花粉症の発症などは体の疲労の蓄積がもともとの原因!
疲労時は体内の免疫機能の低下で風邪を引き起こしやすい、花粉シーズンは花粉症を発症しやすくなり、疲労はその日その日に解消していかないと体の疲労は蓄積されてしまいます。

心身の疲労回復は、ベルガモットの精油をバスタブに垂らしたアロマバスを就寝前に入る事がオススメです。
効能は鎮静、抗鬱、消化促進、利尿、整腸、むくみなどの効果があるとされております。


【アロマバス】精油をバスタブに垂らして蒸気を楽しむ

アロマバス

精油を3〜5滴程、バスタブに垂らし、お湯をかき混ぜればOK!
香りを楽しみながら、湯気を鼻から吸い込むことで心身リラックス効果が得られます。

【芳香浴】香りを嗅ぐ事でリラックス効果を得る方法

ベルガモット芳香浴

代表的なのが、ハンカチに精油を垂らし、いつでも嗅げる方法!
芳香成分が鼻腔を通じ刺激が脳に伝わる事で心身の状態を整える。気分をリラックスさせる。

シソ科ベルガモット

【シソ科】ベルガモット
かば立った綺麗な緑色の葉で、茎の先端に真っ赤な華やかな花の一群をつける。
若葉でつくったお茶は気分をさわやかにしてくれて、ネイティブアメリカンが風邪薬としてハーブティーとして愛飲している。

柑橘系の香り、紅茶として混ぜるのもよし!そのまま煎じて飲むのもよし!レモンを添えるとより一層美味しさが引き立ちます。

効能は風邪の緩和、生理痛、不眠症、神経疲労にお勧め!
残ったハーブティーは捨てずにうがい薬の代要としても利用できる。

【関連記事を合わせて読んでみる】
ペパーミントの効能は花粉症対策にピッタリ!詳しい効能を解説!
薬に頼らず「ペニーロイヤルミント」で風邪対策!
冬場は毒素を溜めこみやすい!デトックスハーブ「フェンネル」の効能
疲労回復はお酢よりハイビスカスティーがオススメ!
花粉症対策は自己免疫力を高める事が先決!「ネトル」ハーブで解決!
アレルギー系は整腸作用の乱れも原因!「セルピルム」ハーブティーで改善!

関連コンテンツ

フェンネルの効能効果

フェンネルは、セリ科の植物で生命力の強い多年草でございます。別名「ウイキョウ」として親しまれており、花期は、8〜9月に傘型の小さな黄色い花が咲くことが特徴です。 身近な所でも使わ・・・

フィーバーフューの効能効果!

フィーバーフューは別名ナツシロギクと言います。フィーバーフューに含まれている「パルテノライド」と言う成分が、片頭痛改善、血行改善、発毛、育毛効果といったさまざまな効果が期待出来るハーブです。欧・・・

ネトルの効能!

ネトルは、昔からメディカルハーブとして、欧米では利用されているハーブの一つです。特にナチュラルに体質を改善することにこだわっている方、根本的に体質を改善したい方にはオススメのハーブです。 ・・・

肝機能強化にセイヨウタンポポで解決!

セイヨウタンポポはヨーロッパ原産の植物で、昔から肝機能強化するハーブとして飲まれています。日本では馴染み浅いですが、欧米では、ハーブティーやサプリメントとして摂取されている方がほとんど。 ・・・

エルダーハーブの効能

エルダーフラワーは日本名では「セイヨウニワトコ」と呼ばれるスイカズラ科のハーブです。欧米では、風邪予防、インフルエンザ対策の特効薬と言われるほど、抗酸化作用が強いハーブです。 6・・・

エキナセアハーブで風邪予防!

上記の綺麗な花がエキナセアです。和名はムラサキバレンギク。キク科の仲間で別名「エキナシア」とも呼ばれています。この茎の部分を乾燥させて煎じて飲むことは、ネイティブアメリカン時代から風邪の予防薬・・・

ガーリックの効能!

古代エジプトの時代からスタミナの増強として利用されてきた、ユリ科のハーブです。元祖のスタミナ食材といっても過言ではありません。ガーリックのこれらの働きをしてくれるのは、あの独特な匂いの正体「アリシン」・・・

マリーゴールドの効能と効果!

◆ マリーゴールド マリーゴールドはキク科の植物であり、別名は(トウキンセンカ、カレンデュラ)とも言います。サプリメントではトウキンセンカ、カレンデュラの名前で販売されているケースがござ・・・

くちなしの実の効能と効果!

くちなしの実 くちなしの実 はアカネ科の低木で花期は10〜11月です。日本庭園などによく使われています。果実を山梔子(さんしし)と称し、漢方では、鎮静、止血、消炎薬として用いられている。・・・

ディルの効能と効果!

◆ ディル 紀元前3千年頃からメソポタミア地方で薬草として使われていました。ディル の成分は精油(d-カルボン、d-リモネン、フェランドリン)が含まれており、利用方法は、魚料理、サラダ、クリ・・・

タラゴンの効能と効果!

生活の木 有機ハーブ タラゴン 100g タラゴンはキク科のハーブで直立した茎は50センチ程伸び、尖った葉は5センチほどの美しい緑色で香りが良い。タラゴンは料理やハーブティーとして愛されてい・・・

タイムの効能と効果!

シソ科の多年生植物で、現在では香辛料というイメージが強いが、ヨーロッパでは古くから香味野菜として料理に用いられており、さらに薬効ハーブとしても用いられてきた。タイムの効能の殺菌効果が強い事から・・・

セルピルムの効能と効果!

◆ セルピルムとは? シソ科の植物で、ヨーロッパの温暖な地帯に分布する多年生の芳香の強いハーブである。消化、呼吸、循環の各系統の機能を刺激する作用があり、気力を高め、人を元気づける作用が・・・

マーシュマロウの効能と効果!

マーシュマロウ アオイ科の植物。成分:粘液(根には35%以下、葉には10%以下、根の粘液含量は最高値を示す冬季の報告)アスパラギン、タンニン和名はウスベニタチアオイ。両面が毛羽立った厚みのある葉・・・

チコリの効能と効果!

◆ 痛風予防!尿酸値の基準値を見てみよう! 尿酸の基準値(7.0mg/dl)を超えてしまう事で、高尿酸血症と呼ばれ、いつ痛風になってもおかしくない数値である。基準値は目安だが、男性で3.8〜7.・・・

ペパーミントの効能と効果!

ペパーミント 原産地:ヨーロッパシソ科植物で和名はコショウハッカ、セイヨウハッカと呼ばれている。ペパーミントの有効成分は1000種類以上も含まれており、本当に謎だらけハーブであります。ペ・・・

マジョラムの効能と効果!

マジョラム 原産地:ヨーロッパの植物。利用部分:葉成分:精油、粘液、苦味質、タンニン酸 マジョラムはシソ科の植物で別名「マヨラナ」「スィートマジョラム」などと呼ばれており、代表的な効能は、・・・

サントリナの効能!

◆ サントリナヨーロッパ南部原産、キク科の植物で花期は5〜7月で黄色の花が咲く。特徴はシルバーグレイの葉で香りが良く、ガーデニングの低い縁どりには最適である。ヨーロッパ南部の地中海地方で昔から、防虫剤・・・

ウッドラフの効能と効果!

ウッドラフ 【メール便可】ハーブの種 「ウッドラフ スイート」利用部分は葉、茎、花であり、葉、花、茎はハーブティーとして飲まれる。ドイツでは「ライン・ワイン」に加えられ5月1日に飲まれる・・・

コストマリーの効能と効果! 

キク科、花期7〜10月、西アジア原産葉はまろやかなミント系の香りで、大きなギザギザの葉が特徴。スープやシチューの香り付けに使われたり、コストマリーの葉は乾燥させるとコストマリー特徴のレモンとミントが合・・・