サプリメントバイブル!のTOPに戻る

◆ハーブの効用

フェンネルは、セリ科の植物で生命力の強い多年草でございます。別名「ウイキョウ」として親しまれており、花期は、8〜9月に傘型の小さな黄色い花が咲くことが特徴です。 身近な所でも使わ・・・
フィーバーフューは別名ナツシロギクと言います。フィーバーフューに含まれている「パルテノライド」と言う成分が、片頭痛改善、血行改善、発毛、育毛効果といったさまざまな効果が期待出来るハーブです。欧・・・
ネトルは、昔からメディカルハーブとして、欧米では利用されているハーブの一つです。特にナチュラルに体質を改善することにこだわっている方、根本的に体質を改善したい方にはオススメのハーブです。 ・・・
セイヨウタンポポはヨーロッパ原産の植物で、昔から肝機能強化するハーブとして飲まれています。日本では馴染み浅いですが、欧米では、ハーブティーやサプリメントとして摂取されている方がほとんど。 ・・・
エルダーフラワーは日本名では「セイヨウニワトコ」と呼ばれるスイカズラ科のハーブです。欧米では、風邪予防、インフルエンザ対策の特効薬と言われるほど、抗酸化作用が強いハーブです。 6・・・
上記の綺麗な花がエキナセアです。和名はムラサキバレンギク。キク科の仲間で別名「エキナシア」とも呼ばれています。この茎の部分を乾燥させて煎じて飲むことは、ネイティブアメリカン時代から風邪の予防薬・・・
古代エジプトの時代からスタミナの増強として利用されてきた、ユリ科のハーブです。元祖のスタミナ食材といっても過言ではありません。ガーリックのこれらの働きをしてくれるのは、あの独特な匂いの正体「アリシン」・・・
◆ マリーゴールド マリーゴールドはキク科の植物であり、別名は(トウキンセンカ、カレンデュラ)とも言います。サプリメントではトウキンセンカ、カレンデュラの名前で販売されているケースがござ・・・
くちなしの実 くちなしの実 はアカネ科の低木で花期は10〜11月です。日本庭園などによく使われています。果実を山梔子(さんしし)と称し、漢方では、鎮静、止血、消炎薬として用いられている。・・・
◆ ディル 紀元前3千年頃からメソポタミア地方で薬草として使われていました。ディル の成分は精油(d-カルボン、d-リモネン、フェランドリン)が含まれており、利用方法は、魚料理、サラダ、クリ・・・
生活の木 有機ハーブ タラゴン 100g タラゴンはキク科のハーブで直立した茎は50センチ程伸び、尖った葉は5センチほどの美しい緑色で香りが良い。タラゴンは料理やハーブティーとして愛されてい・・・
シソ科の多年生植物で、現在では香辛料というイメージが強いが、ヨーロッパでは古くから香味野菜として料理に用いられており、さらに薬効ハーブとしても用いられてきた。タイムの効能の殺菌効果が強い事から・・・
◆ セルピルムとは? シソ科の植物で、ヨーロッパの温暖な地帯に分布する多年生の芳香の強いハーブである。消化、呼吸、循環の各系統の機能を刺激する作用があり、気力を高め、人を元気づける作用が・・・
マーシュマロウ アオイ科の植物。成分:粘液(根には35%以下、葉には10%以下、根の粘液含量は最高値を示す冬季の報告)アスパラギン、タンニン和名はウスベニタチアオイ。両面が毛羽立った厚みのある葉・・・
◆ 痛風予防!尿酸値の基準値を見てみよう! 尿酸の基準値(7.0mg/dl)を超えてしまう事で、高尿酸血症と呼ばれ、いつ痛風になってもおかしくない数値である。基準値は目安だが、男性で3.8〜7.・・・
ペパーミント 原産地:ヨーロッパシソ科植物で和名はコショウハッカ、セイヨウハッカと呼ばれている。ペパーミントの有効成分は1000種類以上も含まれており、本当に謎だらけハーブであります。ペ・・・
マジョラム 原産地:ヨーロッパの植物。利用部分:葉成分:精油、粘液、苦味質、タンニン酸 マジョラムはシソ科の植物で別名「マヨラナ」「スィートマジョラム」などと呼ばれており、代表的な効能は、・・・
◆ サントリナヨーロッパ南部原産、キク科の植物で花期は5〜7月で黄色の花が咲く。特徴はシルバーグレイの葉で香りが良く、ガーデニングの低い縁どりには最適である。ヨーロッパ南部の地中海地方で昔から、防虫剤・・・
ウッドラフ 【メール便可】ハーブの種 「ウッドラフ スイート」利用部分は葉、茎、花であり、葉、花、茎はハーブティーとして飲まれる。ドイツでは「ライン・ワイン」に加えられ5月1日に飲まれる・・・
キク科、花期7〜10月、西アジア原産葉はまろやかなミント系の香りで、大きなギザギザの葉が特徴。スープやシチューの香り付けに使われたり、コストマリーの葉は乾燥させるとコストマリー特徴のレモンとミントが合・・・
◆ お腹の張りの原因とは?お腹の張りが原因で、食欲が出ない、便秘、消化不良などお腹が張っている事で体にさまざまな悪影響をもたらします。お腹の張りの原因は、体によくない生活習慣が長年と蓄積されて、大腸に・・・
◆ 『コルツフット』和名はフキタンポポでキク科の仲間。2〜3月にかけて黄色い花を咲かせる。利用部分:花、葉成分:粘液、アルカロイド、サポニン、タンニン(葉に多い)、亜鉛、カリウム、カルシウム植・・・
アニス ・消化機能促進 ・肝臓病改善 ・口臭予防 ・女性の生理痛やわらげる ・貧血、頭痛改善 ・感染症による皮膚疾患 ・喘息、気管支炎を好・・・
ホースラディッシュホースラディッシュの和名はワサビダイコン。粉末の練りワサビの原料として使われる。ギザギザの幅広い葉をしていて、ソースとして肉や魚介類の付け合わせによくつかわれている。大きさは・・・
寒い季節ほど体を芯から温める事は重要です。寒くて乾燥する季節に風邪を引かない為に重要な事は、体を芯から温めて自己の基礎代謝を上げる事!「ウォーキング」は欠かせません。お風呂で体を温める事も大切ですが、・・・
 アンティチョーク 生活の木 有機ハーブ アーティチョーク 100g ・脂質の代謝を促進 ・コレストロール値下げる、動脈硬化 ・ダイエットやメタボ解消に有効 ・・・
【コリアンダー】 利用部分:葉、乾燥種子成分:コリアンドロール、ピネンなど原産:地中海、東ヨーロッパ セリ科の植物で5〜6月には淡い5〜6月に淡い藤色の傘型の花が咲く。コリアンダー の別名も多・・・
ブルーマロウ(和名)ウスベニアオイの効能! ・気管支炎改善 ・喉の痛み、咳改善 ・便秘改善 ・にきび、肌荒れ改善 ・膀胱炎 ・・・
キャットミント キャットミント、キャットニップとも言い、和名は『イヌイッカ』というシソ科のハーブです。紫色の綺麗な花を咲かせ、葉は全体に毛のようなものが覆われていて、手触りが気持ちい。キャットミ・・・
バラの効能!バラは鑑賞用だけではなく、食用としても楽しむ事も出来る。現在では、さまざまな種類のバラのサプリメントが販売されているが、男性よりも女性の方が人気であります。バラには、ビタミンC、ビ・・・
◆ サルビアサルビアは別名セージでもよく知られるシソ科の植物です。サルビアという言葉はラテン語の「サルワーレ(救う、治す)」の言葉に由来したもの。観賞種と薬用種があり、薬用種のサルビアの効能を・・・
◆ サリエット昔から香味料として使われてきた植物で、別名「サマーセボリー」や「キダチハッカ」とも呼ばれている。原産国はヨーロッパでシソ科のハーブであります。昔からヨーロッパでは、女性の冷え性や更年期障・・・
◆ クミンクミンは古代のギリシャやローマ時代から栽培されてきたセリ科の1年草であり、原産地は地中海沿岸地方。濃い緑色の切れ込みの入った葉が特徴であります。カレー粉の主要成分としてよく知られ、さまざまな・・・
 アロエの効能! ・便秘解消 ・二日酔いの原因物質アセトアルデヒトを分解 ・風邪予防、免疫力アップ ・やけど ・肛門裂傷、痔にも有効 ・新陳代謝促す・・・
・シソ科のハッカ属の植物で原産地はアフリカ、ヨーロッパ、西アジア。・花期は6月下旬〜8月上旬・成分:精油(1%以下、主にプレゴン、メントン)、タンニン地被植物の一種であり、地表面の地肌を隠す、・・・
ベルガモットにはミカン科とシソ科の2種類があり、イタリアのベルガモットオレンジが有名であります。シソ科のベルガモットの名前の由来は、ミカン科のベルガモットの香りに似ている事から同じ名前が付けられたと言・・・
ヒソップ ヒソップ ・和名はヤナギハッカ、シソ科の植物・原産地はフランス、ドイツ、イタリア・特に南仏地方の石灰質の乾燥した土地に広く自生しています。ヒソップは英名でヘビライ語のエソブ(・・・
◆ イランイランの効能! ・興奮を抑える ・うつ症状改善 ・血圧効果作用! ・更年期障害、辛い生理痛の緩和 ・薄毛防止 ・皮膚の分泌を整・・・
パセリは脇やくとして、捨てられる事が多いと思います。パセリには豊富な栄養素が詰まっており、捨てるのは非常に勿体なく、この文章を読み終える頃には理由が分かるはずです。 パセリには、ビタミン・・・
◆ アンジェリカの効能! ナチュラルハーブティー/アンジェリカルート(20g) ・痰を取り除く、のどのイガイガを解消 ・ストレス解消、精神安定 ・・・
◆ 日本人の糖尿病患者は世界で第6番目に多い日本人の糖尿病の患者数は2007年の国民健康栄養調査の報告で、世界で第6番目に多いとの調査結果がございます。(第一位が中国、気になるアメリカは第三位!)日本・・・
◆ 消化不良は夏場の過ごし方が影響! 夏場は冷えた物を食べる習慣になってしまう事で、体を冷やしてしまう事が消化不良の原因になります。 冷やし中華・・・
◆ ストレスを溜めこむ事が免疫力の低下につながる! ストレスを抱え込んでしまうと、腸内が敏感に察知し、腸内環境の乱れから免疫力の低下、下痢、胃潰瘍、高血圧、うつ病、神経病、パニック障害、女性では・・・
◆ サフランとは?サフランとはアヤメ科のハーブで青紫色の花が1球に1つ咲く。開花時期は秋口で、体が冷え始める時期に開花という事で、昔の人は、冷え性予防や血行改善の目的で採取していました。昔の人・・・
◆ ストレスを溜める事は大病を招く!ストレスは溜めておくことで大病を招きやすい体質になってしまいます。ストレスが原因で一番ダメージが大きい部分は心よりも「腸」。ストレスが原因で胃潰瘍や胃が痛い経験をさ・・・
◆ ジュニパー ジュニパーはヒノキ科の植物で、特徴は針のように尖った固い小さな葉をつけ、直径5〜7ミリの液果を実らせる植物です。わが国ではネズ(トショウ)の仲間で、この実を熟して作るお酒・・・
◆ ジャーマンカモミール和名はカミツレ、カミルレのキク科のハーブ。ヨーロッパでは紀元前2000年頃から薬用として用いられており、ハーブティーにして飲まれていました。豊富な薬効がある事から、別名・・・
セボリーはスパイシーなハーブティーで、寒い時期こそ積極的に飲んで頂きたいハーブティーの一つでもあります。特に体が冷えきってしまいますと、質の良い睡眠ができず、翌日まで疲れを残してしまいます。そうなって・・・
◆ セイヨウノコギリソウ別名「ヤロー」 ヨーロッパ原産でのこぎりのような葉が特徴のキク科の植物。民間療法が盛んなヨーロッパでは、軟膏や止血などの薬などに必ず加えられていたハーブでもありま・・・
セイヨウナツユキソウの効能と効果をサプリメントアドバイザーが解説しています。 別名:メドウスイート利用部分:花、葉成分:サリチル酸塩(オピラエイン、サリシン、ガウルテイン)、タンニン、粘・・・
利用部分:葉、花のついた枝先成分:精油(シトラル)利用方法:ハーブティー、ワイン、肉料理などの詰め物、プリザーブ、デザート、アメリカ南米では、晩餐会でフィンガーボール(食卓に出す指洗い容器)に・・・
◆ ハイビスカス ハイビスカスと言えば、常夏の島をイメージしやすいが、ハイビスカスは見た目だけでなく豊富な栄養素を持っています。アオイ科の植物で原産地は中国、スーダン、エジプトで花期は夏であ・・・
タンジーはキク科の植物でヨーロッパからアジアにかけて分布する。日本ではヨモギキクと呼ばれている。古来から薬草として使用され、西洋では台所付近に植えたり、鉢植えを置く事でアリや虫よけに使用されてきま・・・
◆ バジル シソ科の植物で、原産地はアジア、南ヨーロッパ、北アフリカであります。別名はさまざまあり、 バジリコ、メボウキ、あるいはスイートバジルと呼ばれ、イタリア料理、フランス料理に欠か・・・
アグリモニーの効能! ・風邪ウイルス抑制 ・小児の下痢改善 ・膀胱炎 ・消化促進 ・腎臓結石 ・胃炎 ・尿酸値を抑える ・・・
◆ エリカの効能! ・腎機能不全改善 ・尿酸を緩和する、痛風に有効 ・リウマチに有効 ・膀胱炎 ・・・・
ヨーロッパの森林ややぶに自生するエゾヘビイチゴという植物。バラ科でイチゴ属に分類される。◆ 野いちごの効能野いちごには豊富なビタミンCや鉄分が含まれており、アルコールを多量に飲まれる方、喫煙者の方、貧・・・
ヨーロッパやアジア原産のハーブソレル!和名ではスイバ(酸い葉)という名前で言われている。4月以降にほうれん草より肉質の大きな葉をつけ、脂っこい肉料理の付け合わせに最適。フランス料理ではサラダ、・・・
◆ スウィートシスリーセリ科のハーブでヨーロッパ原産のハーブで5〜6月にかけて白い花をつける。葉は灰緑色でシダ状に細かく分かれ、柔らかいのが特徴。酸味の強い果物と一緒に煮ると天然の甘味料となる・・・
日本ではハーブ療法と言う言葉はなじみが薄いかもしれませんが、医療の先進国ドイツでは、ハーブ療法は正式な療法として認められている。例えば、「もの忘れが最近激しい、集中できない、」など、今では受験生などに・・・
健康ブームの昨今、薬の治療よりも自然の治癒力を活用し体質から変えていく健康法が増えつつあります。その自然の治癒力を生かしてくれるのが、「ハーブ」です。ただ、ハーブは薬じゃないという見解から、何でもかん・・・
ボケ(老人性認知症)が増えてきている。 最近の日本のデータによりますと、約65万人のボケ(認知症)の老人が存在していると言われており、今後は団塊世代が65歳を過ぎる2015年以降からはもっと増加する・・・
抗ガン作用のあるハーブは膨大な数があることはご存知でしたか?その一部をご紹介しましょう!【アブラナ科】ワサビ【セリ科】フェンネルアシタバアシタバに含まれる有効物質はクマリンと呼ばれ、カテキン類と同じ部・・・
◆ ハーブは紀元前の地中海沿岸が発祥地現在ではすっかり生活に馴染んできているハーブ。食材に使ったり、サプリメントとして使用したり、アロマテラピーと利用したりとさまざまな用途でハーブが使われています。 ・・・
◆ サザンウッド【原産】南ヨーロッパキク科花期 6〜10月:花は小さなボタンの様な黄色い花を咲かせます。ラベンダーやクローブと同様に防虫効果、殺菌効果に優れており、虫よけ、蚊よけなどにサザンウッドの鉢・・・

カテゴリー「◆ハーブの効用」のトップへ↑