サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆ビタミン様物質 > イノシトールの働き!摂取方法!

イノシトールの働き!摂取方法!

中高年になりますと、お腹周りの脂肪が気になり始めますよね。その原因は、加齢になるほど、代謝の機能が低下する事が原因です。



ただ、脂肪を解消したいけど、ダイエットや運動するまで頑張る事はストレスになってしまう方も少なくないと思います。

そのような方は、脂肪を解消しやすい体質にしてくれる栄養素「イノシトール」を摂取してみたらいかがでしょうか?

このページでは、イノシトールの働きや摂取方法について解説しています!下記では、オススメするイノシトール配合のサプリメントも紹介しています。
※飲酒習慣の方、喫煙者、偏食習慣(脂っこい食事メイン)、メタボの方、これからダイエットを始めたい方はチェックして下さい!

サプリメントアドバイザー

■ イノシトールとは?


水溶性のビタミン様物質。通常のビタミンは体内で合成されないので、外部からの摂取が必須となりますが、ビタミン様物質は、微量に体内でも合成され、且つ、ビタミンの働きに似た物質ということで、ビタミン様物質と言われています。

広い意味でビタミンB群の仲間であります。ビタミンB群のサプリメントにもイノシトールが含まれています。

■ イノシトールの働き!


脂肪やコレストロールの流れをよくすることで、生活習慣病である「動脈硬化」「脂肪肝」を予防します。また、細胞膜を構成するリン脂質の重要な成分でもあります。脳細胞に栄養を供給し、神経を正常に保ちます。

こんな人にオススメ!



・脂っこい食事が中心

・脂肪肝や肝硬変が気になる

・動脈硬化の予防

・コレストロールの予防

・抜け毛が多い

・気持ちが落ち込みやすい

・湿疹ができやすい

・お腹周りが気になる

・ダイエットを考えている

・長年の飲酒習慣や喫煙者

・代謝が落ちてきた


・食生活は昔と変わらずなのに太りやすくなってきた


■ イノシトールの摂取方法!


サプリメントアドバイザー

体内でも合成されるのですが合成される量には限界がございます。欠乏症も少なくないと言われています。補給方法はイノシトールが豊富な食材、グリーンピースやオレンジ、スイカ、メロンなどから摂取したり、サプリメントから積極的に摂取することが大切。

ただし、上記のこんな人にオススメ!にあてはまる方の場合、食材から摂取するのであれば、日々徹底して摂取しなくては間に合いません。その場合、ビタミンB群と複合的に入っているサプリメントから摂取された方が効果的でございます。

■ イノシトールサプリメントの選び方!


イノシトールをサプリメントから摂取される場合、ついでにビタミンB群と一緒に摂取されることで、さらに効果的に実感できます。市販されているビタミンB群のサプリメントの大半はイノシトール配合されていますが、チェックしたい項目がございます。

それは、成分内容と成分量!

当たり前かと思いますが、実際は価格を重視してしまい、つい大手のサプリメントを購入してしまいます。実は、これは長続きしない理由の一つでもあります。なぜなら、成分量が少ないので実感が湧かないからです。

大手4社の成分量の平均を出してみました!
大手4社 D社、FC社、K社、OS社の各成分の平均値

・ビタミンB1 22.5mg
・ビタミンB2 23.5mg
・ビタミンB6 20mg
・ビタミンB12 10.4μg
・ナイアシン 23.7mg
・パントテン酸 27.5mg
・葉酸 260μg
・イノシトール 46.6mg
・ビオチン 55.5mg


■ オススメのサプリメント!




下記がUPXマルチビタミン120粒の成分表となります。


(クリックしますと拡大します)

成分の種類、成分量がここまで充実しているサプリメントは日本では珍しいと思います。なぜなら、UPXマルチビタミン120粒は、アメリカで医家向けに作られている本格的なサプリメントだからです。

このサプリメントは、生活習慣病改善、スポーツをされている方にも大変人気なサプリメントです。このサプリメントがあれば、他のサプリメントをわざわざ合わせて飲む必要がございません。よって長期的に見れば、
お財布にもやさしいサプリメントです。

特に、イノシトールを含め、ビタミン、ミネラルは合わせて飲むほど、個々の栄養素が最大限に働いてくれます。代謝が活発になりますので、代謝が低下しやすい中高年の方にはオススメします。電話サポートもございますので、ご納得の上で購入が可能です。

関連コンテンツ

コリンの働き!摂取方法!

コリンは体内で合成されるビタミンに似た働きを持つ物質「ビタミン様物質」で、ビタミンB群の仲間です。コリンは、血管を拡張させ、血圧を下げるアセチルコリンの材料となります。 また、細胞膜などの生体膜・・・

αリポ酸の働き!摂取方法!

1950年代に発見されましたビタミン様物質です。別名:チオクト酸とも呼ばれています。αリポ酸の特徴は、水溶性でも脂溶性でもなく水、脂どちらにでも溶けることが特徴で、体内のあらゆる細胞に存在します。 ・・・

ビタミンPの働き!摂取方法!

ビタミンPは別名「ヘスペリジン」とも呼ばれています。サプリメントなどでビタミンPの名称が見つからない場合、ヘスペリジンで探されてみて下さい。必ずあると思います。 ビタミンPはフラボノイドの混合物・・・

コエンザイムQ10の働き!摂取方法!

コエンザイムQ10は体内で合成される脂溶性のビタミン様物質です。日本では医薬品として狭心症、心不全、虚血性心疾患、脳出血などの治療に用いられています。 2001年に食品材料として認められてから、・・・

ビタミン様物質「PABA」の働き!

PABAは別名「パラアミノ安息香酸」と言われています。サプリメントの成分表示にはパラアミノ安息香酸と表記されている事が多いので、聞いたこと、見たことがあるかと思います。PABAは体内の老化が始まってき・・・