サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆微量元素 > 亜鉛の働き!摂取方法!

亜鉛の働き!摂取方法!

亜鉛は日本人に不足と言われているミネラルです。ただ、亜鉛を必要とする酵素は200種類以上もあり、特に、筋肉、皮膚、ガラス体、前立腺、肝臓に多く分布しています。

亜鉛は十二指腸から吸収され、肝臓と骨中に貯蔵されており、糞中と尿中へ排出されます。吸収率は年齢とともに低下し失われやすい栄養素のため、積極的に摂取したいミネラルでございます。

このページでは、亜鉛について、日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバイザーが解説しています。

■ 亜鉛の働き


サプリメントアドバイザー
・核酸、タンパク質の合成に関与

・細胞分裂に大きく関与

・インスリンの構成

・コラーゲンの合成に関与

・赤血球中の炭酸脱水酵素の構成要素

・200種類以上の酵素に関与

・ビタミンAの代謝に関与

・味覚、嗅覚を正常に保つ

近年では、味覚異常と言われる方が増加しています。原因や背景としては、ファストフードや加工食品で済ませてしまっているという事!一昔前では、ファストフードなどは、プチ贅沢感覚だったことが、今では、自炊するより安く済んでしまうことの背景も強いと感じています。

ファストフードなどの味の特徴としては、味が濃いこと!この濃さに慣れてしまっていることで、味覚障害を起こしてしまい、素材本来の味を感じることが出来なくなっているのです。

■ こんな人にオススメ


・抜け毛が気になる

・爪に白い斑点ができている

・風邪を引きやすい

・肌荒れが気になる

・味覚がおかしい

・動脈硬化を予防

・精力減退気味

・ダイエット中

・インスタントラーメンやジャンクフードを習慣に食べる


■ 亜鉛の摂取方法


味覚障害の他、精力減退も亜鉛不足と言われております。厚生労働省が発表している亜鉛の1日の摂取基準を見てみましょう。

成人男性:11〜12mg/日

成人女性:9mg/日

耐用上限量:30〜45mg/日


亜鉛を多く含む食品は、牡蠣、サザエ、カシューナッツ、アーモンド、煮干しなどなどございますが、亜鉛は吸収しづらい特徴があり、特に、年齢を重ねるごとに吸収率が低下してしまいますので、ビタミンCやクエン酸と組み合わせると効率よく吸収率がアップします。

生ガキ、レモン
理想な食べ方は、生ガキ+レモンを合わせる食べ方はバッチリです。

ただ、生ガキ一つには、亜鉛6mg含まれていますので、食べ過ぎにも注意したいですね。過剰に摂取してしまうと、銅、鉄の吸収を阻害してしまい、最悪は鉄欠乏症を招いてしまいます。

■ オススメのサプリメント


食材からでは正直、栄養が偏ってしまうことが現実。カロリーを気にせずピンポイントに栄養補給をする場合は、サプリメントが一番です。その中でも、私が一押ししているサプリメントがこちら⇒UPXマルチビタミン120粒

下記が成分表となります。
(画像をクリックするとアップします)


このサプリメントだけで、ビタミンCが1,400mg、亜鉛25mgも摂取でき、1日の摂取量を大幅にクリアしています。さらに、他のビタミン、ミネラルも種類が豊富なだけでなく、成分量も充実していることが特徴のサプリメントです。

ダグラス社のサプリメントの特徴は、アメリカで医家向けに作られているサプリメントのため、現在のところ、このようなサプリメントは日本にはございません。

電話にてお問い合わせもできますので、これからサプリメント始める方にとっては、心強いと思います。

関連コンテンツ

コバルト働き!摂取方法!

コバルトは骨髄での造血に欠かせないミネラルで、ビタミンB12の構成成分として存在します。ビタミンB12を摂取していれば、自然とコバルトも補給していることになります。 このページでは、どういった方・・・

モリブデンの働き!摂取方法!

モリブデンは肝臓や腎臓で、硝酸や亜硫酸還元酵素、アセトアルデヒド酸化酵素などの、いくつかの酵素の働きを助けている微量元素でございます。 通常の食生活をしていれば、欠乏症になるケースはございません・・・

マンガンの働き!摂取方法!

マンガンの大量摂取は有害とされていますが、微量のマンガンは人体にとって必須の栄養素となり、特に、肝臓、すい臓、毛髪に多く存在するミネラルです。 このページでは、どういった方にマンガンの摂取が必要・・・

セレンの働き!摂取方法!

セレンは細胞の抗酸化作用として重要な働きをしているミネラルです。特に、抗ガン作用があるということで、アメリカでは前立腺ガンの予防効果が確認され、現在でも抗ガン作用があるミネラルとして錠剤として販売され・・・

銅の働き!摂取方法!

銅は、ヘモグロビン合成、正常な造骨作用に不可欠なミネラルで、肝臓や脳に多く分布しています。また、鉄と相互に作用する性質があるので、銅が不足してしまうと貧血になる場合もございます。 そのため、鉄欠・・・

ニッケルの働き!摂取方法!

ニッケルは不足になりやすい微量元素(ミネラル)ではありませんが、酸素を構成するなど体内に必須なミネラルです。ニッケルの働きを分かりいやすく3つに絞って、日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバ・・・

リチウムの働き!摂取方法!

あまり聞きなれないミネラルですが、リチウムは、ホルモン、ビタミン、ミネラル、成長過程で必要とするミネラルなのです。現在も、研究が進められているミネラルでもあります。 このページでは、どういった方・・・

クロムの働き!摂取方法!

クロムは体内にも存在しますが非常に微量で、主な働きとしては、インスリンの作用を手助けする重要な役割を担っています。インスリンとは、ブドウ糖を細胞内に取り込み、エネルギー源に変えたり、血中のブドウ糖量を・・・

ヨウ素の働き!摂取方法!

ヨウ素と言えば、東日本大震災の福島の原発放射能事故で、放射能を被曝してしまうことで、甲状腺ガンの危険が高くなるということから、一時、福島では無料でヨウ素のサプリメントが配布されていました。 ヨウ・・・

バナジウムの働き!

バナジウムは脂質やコレストロールに対する代謝に有効なミネラルでございます。特にこのような症状の方には有効です。 ■ バナジウムはこんな人にオススメ! ・高血圧 ・中性脂肪、メタボ体質・・・

鉄の効果!正しい摂取方法!

特に女性に多く見られる鉄不足!原因は生理の時や、偏食習慣、過度のダイエットなども原因で鉄不足を生んでしまいます。鉄不足になってしまいますと、代表的な症状は「貧血」。貧血は血液の量が減るのではなく、血液・・・