サプリメントバイブル!のTOPに戻る
「サプリメントバイブル!」トップ >  ◆微量元素 > 鉄の効果!正しい摂取方法!

鉄の効果!正しい摂取方法!

特に女性に多く見られる鉄不足!原因は生理の時や、偏食習慣、過度のダイエットなども原因で鉄不足を生んでしまいます。鉄不足になってしまいますと、代表的な症状は「貧血」。貧血は血液の量が減るのではなく、血液中の赤血球やヘモグロビンが不足する事が原因で、それらも含め全て鉄が絡んでいるのです。


このページでは、鉄不足と感じておられる方向けに発信しており、鉄の摂取方法、摂取量、働き、効果など詳しくサプリメントアドバイザーが解説しています。

■ 鉄とは?

赤血球のヘモグロビンの形成とさまざまな酵素系によるエネルギー生産およびDNA合成に重要な役割をし、生命の維持に不可欠なミネラルでございます。


鉄は人体に約3〜4gほど含まれていますが、その約60%は血液中の赤血球のヘモグロビンに、また約7%は筋肉細胞のミオグロビンに存在しています。


ミオグロビンは、筋肉細胞の中で酸素を貯蔵しており、海中生育する、クジラ、アザラシ、イルカなどの、哺乳動物は大量の酸素を筋肉に貯蔵しています。
水中で酸素を吸入出来ているのもミオグロビンが筋肉に酸素を貯蔵しているおかげ!

■ こんな人におすすめ!

・貧血気味の人!
・痔の人
・歯茎から出血しやすい
・子宮筋腫の人
・月経過多の人
・成長期の子供
・コーヒーやお茶などカフェインを含んだ物をよく口にする
・肉、魚、卵をあまり食べない
・妊娠、授乳婦


特に、鉄が不足しやすい、月経過多の女性の方や成長期のお子様、乳幼児妊婦、授乳婦のかたには積極的に摂取して頂きたいです。

鉄欠乏症の代表的な症状は貧血ですが、その他、胃腸障害、神経過敏など精神的に左右される部分も関わっています。

■ 鉄の正しい摂取方法

まずは、1日の摂取基準を見て頂きましょう。
 男性女性
 目標量目標量
(mg/日)(mg/日)
18〜29(歳)7.0(耐50)(月経なし6.0)(月経あり10.5)
30〜49(歳)7.5(耐55)(月経なし6.5)(月経あり11.0)
50〜69(歳)7.5(耐50)(月経なし6.5)(月経あり11.0)
70以上(歳)7.0(耐50)-
妊婦(付加量)(月経なし)妊婦初期+2.5
(月経なし)妊婦中期、末期+15.0
授乳婦(付加量)+2.5


(耐)とは、耐容上限量といい、アッパー摂取量です。
鉄には、「非ヘム鉄」「ヘム鉄」の2種類がございます。

「ヘム鉄」
肉、魚、レバーの動物性食品、非ヘム鉄の2〜3倍の吸収率があります。

「非ヘム鉄」
野菜、海藻、大豆などの植物性食品、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高くなります。

■ 鉄不足解消は「ヘム鉄」を選択!

鉄欠乏症や鉄不足と感じている方は、ヘム鉄(肉、魚)動物性食品を積極的に摂取される事をオススメします。ただ、鉄不足は、女性の場合が多いので、ダイエットなどで食事制限をされている方もいると思います。


その際には、「ヘム鉄」のサプリメントを摂取する事をオススメします。ヘム鉄の方が非ヘム鉄よりも3倍ほどの吸収力があるからです。


サプリメントの摂取方法は鉄単品で摂取される方はマルチビタミンと同時に摂取したり、鉄単品で摂取されない場合は、鉄を含むマルチミネラルを摂取される方が、さらに吸収力も抜群でございます。


※摂取の注意点
鉄の摂取の注意点が一つだけございます!それは、お茶と一緒に飲む事!
お茶にはタンニンという渋味の成分が含まれているのですが、そのタンニンが鉄の吸収を妨げる働きを持っています。鉄に限らずサプリを摂取する場合は、常温の水で飲んで下さい。

■ 鉄配合サプリメント!

鉄配合サプリメントは鉄単品よりも、複合的に配合されているサプリメントの方をオススメします。オススメする鉄配合サプリは2種類ございます。

ヘルシーワン「アイアン」
成分内容は鉄が10mgとビタミンCの他合計6種類の栄養が詰まっています。
1日約31.5円1ヶ月分

日本ダグラスラボラトリーズ「ヘムアイアン」
成分内容は「ヘム鉄」を15mg+4種類と各く成分量はヘルシーワンに比べ多く配合されています。
1日約199円20日分

成分内容と価格のバランスで考えますと、ヘルシーワンの「アイアン」の方を推薦します。鉄は意識して摂取するものでもないので、サプリで習慣に摂取される事で、朝起きの立ちくらみ、めまい、貧血など特に朝が弱い方は変化を感じやすいのではないかと思います。1日のスタートを大切にされている方こそオススメです!

関連コンテンツ

コバルト働き!摂取方法!

コバルトは骨髄での造血に欠かせないミネラルで、ビタミンB12の構成成分として存在します。ビタミンB12を摂取していれば、自然とコバルトも補給していることになります。 このページでは、どういった方・・・

モリブデンの働き!摂取方法!

モリブデンは肝臓や腎臓で、硝酸や亜硫酸還元酵素、アセトアルデヒド酸化酵素などの、いくつかの酵素の働きを助けている微量元素でございます。 通常の食生活をしていれば、欠乏症になるケースはございません・・・

マンガンの働き!摂取方法!

マンガンの大量摂取は有害とされていますが、微量のマンガンは人体にとって必須の栄養素となり、特に、肝臓、すい臓、毛髪に多く存在するミネラルです。 このページでは、どういった方にマンガンの摂取が必要・・・

セレンの働き!摂取方法!

セレンは細胞の抗酸化作用として重要な働きをしているミネラルです。特に、抗ガン作用があるということで、アメリカでは前立腺ガンの予防効果が確認され、現在でも抗ガン作用があるミネラルとして錠剤として販売され・・・

銅の働き!摂取方法!

銅は、ヘモグロビン合成、正常な造骨作用に不可欠なミネラルで、肝臓や脳に多く分布しています。また、鉄と相互に作用する性質があるので、銅が不足してしまうと貧血になる場合もございます。 そのため、鉄欠・・・

亜鉛の働き!摂取方法!

亜鉛は日本人に不足と言われているミネラルです。ただ、亜鉛を必要とする酵素は200種類以上もあり、特に、筋肉、皮膚、ガラス体、前立腺、肝臓に多く分布しています。 亜鉛は十二指腸から吸収され、肝臓と・・・

ニッケルの働き!摂取方法!

ニッケルは不足になりやすい微量元素(ミネラル)ではありませんが、酸素を構成するなど体内に必須なミネラルです。ニッケルの働きを分かりいやすく3つに絞って、日本ニュートリション協会公認のサプリメントアドバ・・・

リチウムの働き!摂取方法!

あまり聞きなれないミネラルですが、リチウムは、ホルモン、ビタミン、ミネラル、成長過程で必要とするミネラルなのです。現在も、研究が進められているミネラルでもあります。 このページでは、どういった方・・・

クロムの働き!摂取方法!

クロムは体内にも存在しますが非常に微量で、主な働きとしては、インスリンの作用を手助けする重要な役割を担っています。インスリンとは、ブドウ糖を細胞内に取り込み、エネルギー源に変えたり、血中のブドウ糖量を・・・

ヨウ素の働き!摂取方法!

ヨウ素と言えば、東日本大震災の福島の原発放射能事故で、放射能を被曝してしまうことで、甲状腺ガンの危険が高くなるということから、一時、福島では無料でヨウ素のサプリメントが配布されていました。 ヨウ・・・

バナジウムの働き!

バナジウムは脂質やコレストロールに対する代謝に有効なミネラルでございます。特にこのような症状の方には有効です。 ■ バナジウムはこんな人にオススメ! ・高血圧 ・中性脂肪、メタボ体質・・・